練習とは、自分の仲間を強くする作業のこと。

トライフォース志木は出稽古も大歓迎です!
昨日はトライフォース池袋からヤナギサワさんが出稽古にいらしてくださいました!

テクニックはベーシックカリキュラムのレッスン28「インサイドガードディフェンス」!
今までのレッスンを前提としているので、テクニックの受け手もぼんやりできません。

白帯の頃から着実にベーシックを習得なさっているヤナギサワさんが、入門したばかりの白帯会員さんを導いてくださいました。
そして後輩に説明する中でヤナギサワさんご自身のテクニック再現度が高まっていきますね。

「練習とは、自分の仲間を強くする作業のこと。」
というのは、トライフォース柔術アカデミー総代表の早川光由先生のお言葉です。

先輩から技術を教わることも、後輩にそれを伝えてあげることも、全てご自身の練習の一環だと考えて下さい。道場の仲間とのそういった繋がりを通して、みんな一人前の格闘家へと成長していきます。私自身の経験からもそう確信しています。練習とは自分を強くする作業では決してありません。練習とは、自分の仲間を強くする作業なのです。そう考えると分かりやすいかもしれません。そして周りのレベルが上がれば、確実に自分も強くなってしまうのです。

https://www.triforce-bjj.com/about-triforce/concept/

みんなで一緒にがんばりましょう!
そして試合が近い方は無理をしすぎないようにしましょう。
埼玉でブラジリアン柔術をするならトライフォース志木で!

関連記事

  1. 令和!

  2. ベーシックテクニック

  3. 【12月からの変更点】出稽古とキッズクラスの開始時間について…

  4. 基本テクニック

  5. トライフォースのテクニック

  6. 初めてのテクニック

埼玉のブラジリアン柔術教室「トライフォース志木」無料体験実施中!