テクニック名称

新規会員のコーデルさんはギオムさんとペアでパスガードのドリル。こんなときは英語の説明も追加されます。テクニックの実演を三回するうち最後の一回を英語で。

実演自体は音声なしでもご理解いただけるように行います。ふたりとも長身マッチョの格闘技経験者なのですでにめっちゃ強いです。しかし、テクニックやポジションの名称をできるだけ早く正確に覚えてほしいのです。

サイドクリンチとかサイドバックとかツイスティングベースとかシングルレッグガードとか、トライフォース独自用語やふっかつのじゅもんっぽさもありますが通常の地球人ならおおむね直感的に理解できる用語です。ひとたび使い始めるともう戻れなくなるくらいに技術伝達が高速化・効率化します。ぜひとも覚えて、そしてなにげないときにも勇気を出して公式のテクニック名称(グローバルネーミング)を使ってみましょう。

関連記事

  1. 帯授与式

  2. スタンディング→タートル

  3. 朝から!

  4. 1/19(土)のキッズクラス!

  5. キッズクラスについて

  6. ベーシッククラスとレギュラークラス

埼玉のブラジリアン柔術教室「トライフォース志木」無料体験実施中!