スタンディング→タートル

スタンディング!フロントヘッドロックから相手を崩してバッククリンチへ!トライフォースのカリキュラムでいうとマスターカリキュラムのスタンディング5ですね。白帯の会員さんたちもバッチリ完璧です。

ブラジリアン柔術のルール上、相手をタートルポジションで固めたところでポイントがつくことが多いです。攻防の一里塚になります。十分に発達したスタンディングはタートルポジションと見分けがつかないとは昔のえらいひとの格言ですが、スタンディングの攻防とタートルポジションの攻防を継ぎ目なく再現できるようになりましょう。

関連記事

  1. オーバーヘッド

  2. 初心者の方も大歓迎です

  3. 吉永力クラス

  4. 1/19(土)のキッズクラス!

  5. 大人から子供まで一緒に!

  6. キッズで相撲をしました

埼玉のブラジリアン柔術教室「トライフォース志木」無料体験実施中!